バカラでの稼ぎ方パーフェクトガイド 【初心者必見】

バカラとは?基本ルールのおさらい 「バカラで遊んでみたいけど、一体どんなルールなんだろう?」 ランドカジノ、オンラインカジノ共に、『運』のゲームとして世界中で高い人気を誇ります。バカラは優雅なゲームとして知られており、特にハイローラー(大金を賭ける人)やアジア人プレーヤーに愛されているゲームです。実は、カジノのテーブルゲームの中で日本人に人気ナンバーワンのカジノゲームでもあります。 バカラのルール バカラを簡単に説明すると、参加者であるあなたが、「BANKER」と「PLAYER」の勝敗を予想するゲームです。勝敗の決め方としては、2~3枚あるカードの合計の下一桁が、9の範囲内で9に近いほうが勝ち、というルールがあるものの、自分で何かを操作することはありません。 つまり、バカラというゲームはコインの裏表を当てるような「勝率1/2の運まかせゲーム」ということです。実際に上記の仕組みさえ知っていれば勝つか負けるかは約50%なため、次に解説しているディーラーの役割、カードの数え方、バカラ用語さえ覚えてしまえば、今すぐにもバカラを楽しむことができます。 ただし、勝つための賭け方、いわゆる必勝法にはいくつかのパターンがありますので、稼ぐことを考えている方はそちらのノウハウも学んでおきましょう。 バカラのカードの数え方 バカラのカードの数え方は少し特殊で、 10を含む絵札カードは全て「0」として数えられます。(10、J、Q、K) その他のカードは数字通りの数え方です。(2、3、4、5、6、7、8、9) A(エース)は「1」として数えられます。 数え方の例 例1)最初に配られたカードが「Q」と「5」の場合、合計点数は「5」となる。 例2)最初に配られたカードが「K」と「A」の場合、合計点数は「1」となる。 バカラの勝ち方 いかがでしたか? 今はなんとなく面白そうの状態でもいいと思います。 ですがどうせプレイするなら勝ちたいですよね? そんなあなたのために勝てる3ステップをお教えします。 ステップ1:ルールを完璧に覚えよう ステップ2:罫線を理解しよう ステップ3:カードカウンティングに挑戦しよう ステップ1:ルールを完璧に覚えよう 上記でルールを解説しましたが、実は完璧ではありません。引き分けがあったりコミッションが発生したりスーパー6が発生したりします。 Continue Reading

ルーレット必勝法・初心者にもおススメ「2コラム・2ダズン法」

ルーレットは「カジノの女王」と呼ばれ、運で勝敗が決まる事からルールも簡単で、プロから初心者まで親しまれているカジノのゲームです。 掛け方は自由で配当も2倍から選べるので、お手軽にプレイ可能。そしてプレイするならば、勝ちにいきたいですよね。100%勝てる必勝法というものはありませんが、確実に勝率を上げる必勝法・攻略法というものは存在します。ルーレットをプレイする上でおすすめの必勝法「2コラム・2ダズン法」をご紹介します。 2コラム・2ダズン法とは 2コラム・2ダズン法は、コラムベットとダズンベットを組み合わせた必勝法。4箇所にチップを置き、合計4箇所に同額をベットしていく手法です。 的中率86.4%と言われており、負ける事の少ない、数多くある投資法の中でもリスクが少ない投資法として人気があります。。少ない資金でも長くルーレットを楽しむことができるので、初心者の方や少ない資金で長く遊びたいという方や大きく賭けずして利益を出したいという方にオススメです。 2コラム・2ダズン法の使い方 アウトサイドベットエリアにあるコラム・ベットとダズン・ベットを使用します。 2コラム2ダズン法の手順は簡単。1度に12個の数字に賭けることができるコラムベットと、同じく12個の数字に賭けることができるダズンベットを組み合わせるだけ。コラムとダズンは、それぞれ2つまで賭けることができ、全部で9パターンの組み合わせを作ることができます。 ・コラム・ベットは列の上の段・中段・下の段と横一列にベットしていく賭け方です。 上の段は「3、6、9、12、15、18、21、24、27、30、33、36」 中段は「2、5、8、11、14、17、20、23、26、29、32、35」 下の段は「1、4、7、10、13、16、19、22、25、28、31、34」 上記の様になっており、どれも配当は3倍となっています。 ・ダズン・ベットは左枠・中枠・右枠に賭けていきます。 左枠は「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12」 中枠は「13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24」 右枠は「25、26、27、28、29、30、31、32、33、34、35、36」となっています。 合計で6ヶ所に賭ける場所がありますが、この中からコラム・ベットで2ヶ所、ダズン・ベットで2ヶ所に賭けていくのが2コラム・2ダズン法。賭ける場所をコラム・ベットから2ヶ所、ダズン・ベットから2ヶ所というルールのみを守っていればOKです。 【例】 1.賭け金を10ドルでスタート コラム・ベットで2ヶ所、ダズン・ベットで2ヶ所の合計4ヶ所40ドルを賭けていきます。 2.賭ける場所を、コラム・ベットの上段と下段、ダズン・ベットは「1st12」「3rd12」にします。 3.結果は「赤の36」⇒見事にコラム・ベットから1ヶ所、ダズン・ベットからも1ヶ所当たりました。それぞれに賭けた10ドルに3倍の配当が付くため、合計で60ドルの賞金が手に入ります。 賭けた40ドルを差し引くと、累計損益は+20ドルです。 4.続いて2ゲーム目、1ゲーム目と同様に、コラム・ベットから2ヶ所、ダズン・ベットから2ヶ所の合計4ヶ所に40ドルを賭けていきます。 Continue Reading

ブラックジャックの必勝法・ベーシックストラテジーとは?

ベーシックストラテジーとは 世界中のギャンブラー達がブラックジャック攻略の為に作り上げてきた基本戦略表=ベーシックストラテジー。 ベーシックストラテジーとは、プレイヤーのカード合計値とディーラーのアップカードから、どのアクション選択が最も高確率で勝てるかをまとめたもの。 オンラインカジノではそのような表を見ながらプレイできるのが嬉しい点。 この表の通りにプレイすれば絶対勝てる…ということではなく、少なくとも下手なミスを少なくできるという事になります。では、その勝率を最大まで高めることができる最強な必勝法・ベーシックストラテジーについて、ご紹介します。 ▶まずはブラックジャックをプレイする上で覚えるべき用語、「スタンド」「ヒット」「スプリット」 ① 自分のハンド(手札)の数字の合計が17~21の場合「スタンド」 カードの合計値が17~21になったら「スタンド」が最適なアクション。なぜなら、ヒットを選べばバーストする確率の方が高くなるからです。 合計値と一回目のヒットでバーストする確率は、合計値が15以上となった時、バースト確率は50%を超えます。デッキ数やディーラーのカードによって確率は多少上下しますが、どの条件でも17~20の場合にヒットすると高確率で負けるので、無理せずに「スタンド」を選択したほうがベター。 ② 数字の合計が12~16の場合「ディーラーの手札を見て判断」 次のアクションの判断材料にしたいのが、ディーラーの伏せているカード(アップカード)の数値。ディーラーのアップカード数値次第でディーラーのバースト確率は変わりますので、以下を参考にしてください。 ▶︎ディーラーのアップカードが7~10の場合⇒ヒット この場合、ディーラーがバーストする確率は21~26%と比較的低いので、プレイヤーはより高い数字(17以上)を出す必要がありますので、「ヒット」を選択。 ▶︎アップカードが2~6の場合⇒スタンド この場合のディーラーのバースト確率は35~42%です。ディーラーが自滅する確率に賭けた方が戦いやすいので、安全策として「スタンド」を選択するのがセオリー。 ③ 数字の合計が11以下の場合「ヒット」 数字が11以下であれば、選択すべき次アクションは「ヒット」一択です。 なぜなら、いずれのカードを引いてもバーストすることがないため。ヒット後は、②を参照にディーラーの数字の合計を判断材料として、次のアクションを決めましょう。 ④自分のハンドが A(エース)が2枚配られた場合「スプリット」 A(エース)が2枚配られた場合は、必ず「スプリット」を選択します。 Aの数字はブラックジャックではは11or1として扱うことができるので、とても有利な状況です。 Continue Reading