カジノ法案とは?日本にもカジノができる?IR推進法について

2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。

長らくカジノを違法としてきた日本でカジノが解禁されるということで動向が注目されていたこの法案ですが、ギャンブル依存症や治安に対する懸念から反対の声も未だに多いのが現状です。

カジノ法案が成立し、これから日本のギャンブルはどうなっていくのか?

日本初のカジノはいつどこにできるのか?など、気になるポイントを徹底解説します。

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律です。

カジノ法案と呼ばれていることから誤解されがちですが、単にカジノを作るための法案ではないんですね。

カジノ法案とは?何が目的?

ir

カジノ法案の目的として、政府は以下のように述べています。

(目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

(基本理念) 第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。

(※特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案より一部引用)

ざっくりと要約すると・・・

「IR(統合型リゾート)を作って観光客を呼び込み、財政難を改善させよう!」

「IR(統合型リゾート)にはカジノ施設が含まれているから、適切に管理・運営しよう!」

というものです。

主にカジノ法案と呼ばれていることから、単にカジノを解禁するための法律と考えられることも多いのですが、あくまで目的は観光客を集めることであり、その観光客を集める手段がカジノ施設を含んだIR(統合型リゾート)というわけです。

カジノ法案とIR(統合型リゾート)の関係

まずIR(統合型リゾート)の定義についてですが、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ複合観光集客施設です。

ir

カジノのイメージが先行しがちなので、ギャンブル好きの大人が集まる場所のようなものを想像する方もいるかも知れませんが、実際は大人から子供まで、老若男女が楽しめる様々な施設が集まったまさに「リゾート」なのです。

カジノ法案と呼ばれているので皆さんカジノだけができると思わ勝ちですが、カジノはその中のほんの一部で、総合的なアミューズメント施設ができる、と捉えてもらったほうがよいでしょう。

カジノ法案:世界のIR(統合型リゾート)を覗いてみよう!

シンガポール

ir

シンガポールではまず有名な「マリーナ・ベイ・サンズ」。

屋上プールは、もはやマーライオンに次ぐシンガポール第二のシンボルとも言えます。

IRに詳しくない方でもご存知ではないでしょうか。

シンガポールは2つのIRが開業したことで観光収入がなんと倍に!日本のIRのお手本にも採用されています。

マカオ

ir

日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。

「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。

他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

ラスベガス

ir

世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。

ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。

映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。

モナコ

ir

誰もが憧れる「お金持ちの国」モナコのIRは、とにかくゴージャスの一言!

まるで宮殿のような佇まいの「カジノ・ド・モンテカルロ」では、地中海沿岸のコート・ダジュールを望むテラスで優雅にカジノゲームが楽しめます。

一度は行ってみたい夢のリゾートです。

カジノ法案のメリット

最初に法案が提出されてから6年、カジノ法案が成立するまで、非常に長い間議論がされてきました。

今でも反対派の意見は根強く、それほどまでに賛否が分かれる法律なのです。

その賛否の元とも言える、カジノ法案によるメリットと問題点を見ていきましょう。

カジノ法案がもたらす3つのメリット

ir
  • 観光による経済効果
  • 雇用促進
  • インフラ整備による地域活性化

日本がIRの開業に乗り出した大きな目的の一つが、外国人観光客を集客し、日本経済を活性化させることです。

日本は、いまだ停滞している経済状態を打破するため、観光大国としての地位を確立することを目指しています。

中国人観光客が日本製品を根こそぎ買っていく姿を「爆買い」と称して話題になったのはまだ記憶に新しいですが、その経済効果は非常に高いものでした。

もっと外国人観光客に日本に来てもらうにはどうすればいいか?という問いの答えの一つとして、政府はカジノ法案を提案したというわけです。

また、大型リゾートが誕生することによってそれに伴う雇用が大量に生まれたり、IRまでの交通手段などインフラが整うことも大きなメリットです。

世界のIR見ると早く日本にも出来て欲しいですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

デメリットなどもあってなかなか進まないかと思いますが、世の中やってみなきゃわからないですね✰

でも日本ならきっと成功するはず!それでは、今回もありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *